SDGs

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは?

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略称で、その意味は「持続可能な開発目標」です。

分かりやすく言い換えると、地球が抱える問題を解決するために考えられた世界共通の目標」のことです。

SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択されたました。

2030年までに地球規模の課題を解決するべく、17の目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットが示され、地球上の誰一人として取り残されない(leave no one behind)ことを誓っています。


日本SDGs協会から認定証取得

BLUELEDのパートナー会社であるヴィレッジトレーディング合同会社は、SDGsの目標に向けた取り組みとして、「SDGs事業認定」を取得いたしました。

「経済」「社会」「環境」という3つのバランスを念頭に置いて、SDGsの各目標と連動した活動を積極的に推進してまいります。



ヴィレッジトレーディング合同会社の
SDGs達成への取り組み

BLUELEDのパートナー会社であるヴィレッジトレーディング合同会社は、このSDGs(エス・ディー・ジーズ)に対して、世界の持続可能な社会の実現のため、社会的責任として取り組むべきものと捉えています。

このため、当グループ全体での事業活動のプロセスを、SDGs達成に向けて微力ながら貢献していく所存です。


具体的な取り組みの一例

SDGs_エネルギーをみんなに そしてクリーンに

【広告看板を液晶からLEDへ返還】

広告やポスターなどの看板を、液晶からLEDに変換することで省エネ化を図り、環境に配慮した取り組みを心掛けております。

当店では、私達のような小さな会社が社会を支えているという事を認識し、少しでも環境に配慮出来るような取り組みを行ってまいります。


SDGs_住み続けられるまちづくりを

【ポスター広告のデジタル化】

私達ひとりひとりの活動において地球環境に負荷をかけて来たことは否めません。

BLUELEDのパートナー会社であるヴィレッジトレーディング合同会社では、用紙などのポスターの使用を出来る限り省き、デジタル化することを心掛けております。

こうした小さな積み重ねを続けることにより、持続可能な社会実現に貢献していきます。



SDGs_つくる責任 つかう責任

【モバイル端末のリユース化】

リユースとは、ごみを原料(資源)として再利用することを言います。

LEDディスプレイやLEDサイネージを搬入する際に出る交換部品や故障部品等を回収し、出来る限りリサイクルを行い、極力ゴミを排出しない配慮を心掛けております。



【快適な職場環境の構築と多様な人材育成】

SDGs目標 SDGs目標 SDGs目標

すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を推進します。

ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図ります。

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長を目指します。
また、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働き甲斐のある人間らしい仕事)を推進します。

大きな17つの目標とは

SDGsの大きな目標は、身近な問題から世界規模での大きな問題など17つから成り立っています。

詳しい目標の内容は以下の通りです。

SDGs

目標1:貧困をなくそう

SDGs目標あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせるための目的です。

「世界全体で約7人に1人が相対的な貧困に苦しんでいる」

というデータもあります。

この大きな問題をなくす為、積極的な取り組みが期待されています。

目標2:飢餓をゼロに

SDGs目標アフリカではいまだに4人に1人が十分な食事を摂取できておらず、栄養が足りていない人たちの数は全世界で8億人以上に増えているのです。

こうした問題の解決のため、農業の基盤を発展させたり、技術的な革新を推進し、安定して食料を生産できるシステムの構築が目標となります。

目標3:すべての人に健康と福祉を

SDGs目標あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する為の目標です。

世界中すべての人が適切な予防や治療が受けられるように、医療に関する研究開発への積極的な支援が行われています。

また、医薬品が全世界に行き届くような体制を整えることが大切になってきます。

目標4:質の高い教育をみんなに

SDGs目標2000年以降、全世界で学校に通えていない子どもの数は大きく減少しました。

しかしジェンダーと貧富による教育格差はまだまだ改善の余地があります。

SDGsの根幹でもある「持続可能な開発」にとって非常に効果的な手段であるので、だれでも平等に質の高い教育を受けることはとても大切な目標です。

目標5:ジェンダー平等を実現しよう

SDGs目標近年、日本でもジェンダーの平等については広く叫ばれています。

世界的にみて場合、いまだに男女格差が大きな国は少なくありません。

よりジェンダー平等にするため、まだまだ改善の余地は多く残されています。

目標6:安全な水とトイレを世界中に

SDGs目標日本ではさほど問題のない事に思えますが、世界を見てみると、全人口の約3割の方は安全な飲料水を利用できていないのが現状です。
また、実に半分以上の人々が衛生的なトイレを利用できていないのです。

人だけではなく、「環境」とも密接に関係している水の問題。
問題を解決するために、慢性的な水不足の解決、水関連の生態系の保護、排水の適切な処理などを早急に整える必要があります。

目標7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに

SDGs目標実に全世界の半数近くの方々が衛生的な電気やガスや技術を利用できていません。

誰でも気軽に安価なエネルギーを使用出来るようにする。

こうした問題を解決する為、すべての人が手ごろな価格で質の高いエネルギーを得られるようにすることは重要なポイントです。

目標8:働きがいも 経済成長も

SDGs目標新たな雇用を生み出すための政策や、ワークライフバランスが考えられた働きがいのある人間らしい仕事を、

すべての人が達成できることが目標です。

結果として将来の経済成長に大きくつながります。

目標9:産業と技術革新の基盤を作ろう

SDGs目標日本では当たり前に誰もが使用しているインターネット。

ですが、今でも全世界で40億人がインターネットを利用できておらず、デジタル格差は広がっていく一方です。

持続可能な社会の開発において、インフラの整備と技術革新は必須だと考えられます。

目標10:人や国の不平等をなくそう

SDGs目標全世界において「所得格差」による問題がとても大きいです。
全世界のすべての所得の40%は、世界の所得上位の10%の方々がを占めているなど、所得の不平等は事実としてあります。

こうした差を出来る限り平等にしていくためにの取り組みです。

目標11:住み続けられるまちづくりを

SDGs目標現在、人口の都市集中が増加した事による大気汚染が大きな問題となっております。

それ以外にもゴミの適切な収集や廃棄、安全かつ安価な住宅の確保など。

まだまだ取り組むべき課題がたくさんあります。

目標12:つくる責任 つかう責任

SDGs目標持続可能な消費と生産パターンを確保する目標です。

出来るだけ廃棄物が出ないものを使用したり作ったり、
天然資源の使用を増やすなど環境の為の課題です。

そのため、エコバックやビニール袋の有料化など様々な取り組みが期待されています。

目標13:気候変動に具体的な対策を

SDGs目標気候変動の緩和、適応、影響軽減を考え、気候関連災害や自然災害に対する適応力を強化する目標です。

地震や津波などの予期せぬ自然災害にも対応できる力を備える取り組みです。

世界的に見ても地震大国の日本だからこそ備えが大切となります。

目標14:海の豊かさを守ろう

SDGs目標様々な活動による海の汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減します。

生活する上で欠かせない大切な資源である海を守る取り組みです。

海洋ゴミや海洋汚染を食い止める為の大きな目標です。

目標15:陸の豊かさも守ろう

SDGs目標森林の持続可能な管理、砂漠化との戦い、土地劣化の阻止と逆転、生物多様性の損失の阻止が目的です。

海洋資源と同様に、陸の自然資源の保護も非常に大切です。
持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復、また深刻である絶滅危惧種の動物を守り、密猟・密売、侵略外来種の対策を強化します。

目標16:平和と公正をすべての人に

SDGs目標世界では未だに武力紛争やあらゆる形態の暴力や人身売買などの問題があります。

持続可能な開発に向けて、平和で包摂的な社会を作る為、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する必要があると考えられています。

目標17:パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs目標

近年日本でも「グローバル社会」が広く叫ばれているように、世界中の結びつきは強くなってきています。

持続可能な開発のため、より世界みんなで手を取り合って平和的に支えあって様々な問題を解決していこうという意気込みです。