BLUELEDで取り扱っている液晶サイネージをご紹介いたします。

液晶サイネージの
「特徴」

液晶ディスプレイとは、電圧を加えると分子の配列が変わる液晶分子を利用した表示装置です。

液晶ディスプレイ(液晶分子)自体が発光することはありませんが、LEDなどのバックライトを利用して光を供給した状態で、液晶分子の向きを変え、光の透過率を制御することで、画像を表示することが可能となります。

液晶ディスプレイには、主にノートパソコンやモニターとして利用されることが多い「単純マトリクス方式」と、画像の表示品質が高い「アクティブマトリクス方式」の2種類が存在します。

自発光タイプの有機ELやプラズマディスプレイと比較して、応答速度が遅い、視野角が狭いなどの欠点が指摘されることもありますが、通常使用している際に大きな問題になるレベルではなく、リーズナブルな価格帯や用途の幅広さなどのメリットが認められ、現在では世界で最も普及しているディスプレイとなっております。

液晶サイネージの
「スペック&価格」

液晶サイネージの具体的なスペックと価格一覧です。

▼横にスクロール出来ます
スペック一覧    
オープン価格¥153,000¥160,000¥198,000
ディスプレイ
スペック
画面サイズ32inch43inch49inch
表示面積698.4
× 392.85mm
941
× 529mm
1073.78
× 604mm
表示比率16:916:916:9
解像度1366
× 768
1920
× 1080
1920
× 1080
表示色16.7M16.7M16.7M
可視角度178°/178°178°/178°178°/178°
輝度300cd/m²450cd/m²450cd/m²
コントラスト2000:14000:14000:1
反応時間8ms
寿命60000時間
アンドロイド
バージョン
スペック
チップRK3288
メイン周波数1.8GHz
RAM2G
Flash8G
デコードレート1920×1080解像度
インターフェースTFカードスロット×1,
RJ45インターフェース×1,
HDMI out×1,USB×2,
イヤホン×1
メディア形式WMV/AVI/FLV/RM/
RMVB/MPEG/TS/MP4
など動画形式
BMP/JPG/BNG/GIFなど画像形式

MP3/WMA/WAV/APE/
FLAC/ACC/OGG/M4A/
3GPPなどオーディオ形式
スピーカー2×5W
システムAndroid 4.4以上
ネットワーク有線ネットワーク/
Wifiなどの
ネットワーク方法
ご注意ください

参考価格はあくまで「目安」になります。デジタルサイネージの価格は設置環境やディスプレイのサイズ、使用する部材の数量が異なることや輝度、システム等の仕様によって変動致しますので、詳しくは直接お問い合わせください。また、お見積もり時期によって価格が変動する場合がございます。